レディ

気になるいぼを美容外科で切除して美しくなろう

  1. ホーム
  2. 移ってしまういぼ

移ってしまういぼ

医者と看護師

いぼの種類には感染力を持ついぼも存在します。このいぼは他人に移ってしまう可能性を持つだけでなく、自分自身の体で増殖するという特徴も持っています。そのためいぼが出来ても放っておいたり、自分で切除しようとしたりするとそこから次々に増えてしまう危険性があるのです。感染力を持っているいぼはウイルス性になっており、ヒトパピローマウイルスと呼ばれるウイルスが原因になります。どのように感染するのかというと傷口や皮膚などに感染力を持つ菌が付着して、その菌が皮膚の内部に侵入することで菌が増殖して発症します。このウイルスに感染しないようにするのは手洗いや消毒をこまめに行なう以外方法がありません。また、むやみやたらに物に触れないようにすることです。

万が一感染してしまった場合には病院に行きましょう。向かう病院は皮膚科でも美容外科でもどちらでも問題ありません。出来た場所や見た目を気にするのであれば美容外科がオススメです。美容外科は治療にもこだわりがあるので、完治した際にはいぼがあった形跡を残さないように治療してくれます。いぼが大きくなってしまい切除するしかない、となった場合にも施術箇所を最小限におさえてくれるのです。病院での治療はウイルスの退治といぼの除去になるので、抗生物質を使った投薬治療と専門の医療用具を使った外科治療の療法が行なわれる可能性があります。外科治療の場合にはレーザーや液体窒素、電気メスや通常のメスを利用した切除治療などが行なわれます。切除による治療の場合、医療保険が適応されることもありますが病院によって治療内容や保険適応の内容も異なってくるので事前に確認をしておくといいでしょう。