レディ

気になるいぼを美容外科で切除して美しくなろう

  1. ホーム
  2. 治療後のアフターケア

治療後のアフターケア

鏡を見る人

いぼの切除を行なう方が最近増えています。この背景にはいぼの切除治療の技術が上がったのと料金が手頃という部分が関係しているのではないか、とされています。しかし、いくらいぼの治療が安くて簡単に受けることが出来るからといっても実際には切除したりレーザーを使って焼いたりするので皮膚にダメージは残るのです。ですが、今の医療技術では極力患者の負担にならないように最小限のダメージで済ませるように治療を行ないますので、患者が不安に思うことは少ないでしょう。また、治療中は痛みを減らすためにも麻酔を使用し、治療が終わった後には治りを早くするための塗り薬などを処方するのでケアもきちんとされています。病院で行なうケアに関してはこのような取り組みになりますが、実際に治療を受けたあと自分自身でもアフターケアを行なうことで術後の傷を綺麗に治したり、感染症などを予防したりすることが出来るようになるのです。

大きないぼを取り除こうとする場合、レーザーで取り除くよりもメスで切除したほうが効果的とされています。特に立体的な盛り上がったいぼだとレーザーの光がいぼの根本まで届かなくなり効果が薄れてしまうためです。さらにレーザーで行なう場合は回数を重ねて薄くしていくので、何度か通院をして治療する必要があります。そうすると治療費も大きくなってくるので、なるべくは一回の治療ですぐに除去できる切除治療のほうが望ましいのではないでしょうか。この切除治療のメリットとしては大きないぼでも一回の治療で取り除くことが出来るという部分がありますが、治療という分野よりも手術に近いため麻酔や縫合が必要になってきます。術後のアフターケアも患部を水につけないようにしたり、化膿しないように消毒や定期的に保護テープの交換をしたりするといいでしょう。万が一腫れが引かない、熱を持って化膿している、という状態になれば早めに切除治療を行なった病院に行って診てもらうといいですね。